いのちのレッスン特別講義

今回は、いのちをバトンタッチする会 代表の鈴木中人さんが「いのちの授業〜いのちのバトンタッチ」と題して講義してくれました。

鈴木さんの娘さんが3歳の時小児がんを発病し、それからの闘病生活のお話をしてくださいました。娘、景子ちゃんの発した言葉や心遣い、鈴木さんご夫婦の辛い思いなど、その光景が目に見えるようでした。

そして、最後に「自分や家族、仲間のいのちを大切にしてほしい。いのちはひとつではない。お父さん、お母さん、おじいさん、おばあさん…みんなが繋げてきてくれたものです。」

「どんなことがあってもお父さん、お母さんより早く死んではいけない。」と体育館に響き渡るほどの声で訴えました。

生徒たちは、鈴木さんのお話を真剣な表情で聞き入っていました。

生徒代表の水野富貴さんは、「家族や周りの人たちの大切さ、また自分自身のいのちの大切さを考えることができました。」と感想とお礼の言葉を述べました。

 

 

 

 

 


[x] CLOSE

 


 
 
堂ノ浦キャンパス(本校)〒785-0195 高知県須崎市浦ノ内下中山160 Tel.088-856-1211(代)Fax.088-856-3214
竜国際キャンパス 〒781-1165 高知県土佐市宇佐町竜564 Tel.088-828-6688(代)Fax.088-856-3060
 
Copyright(C)Meitoku Gijuku junior&senior high schools.All rights reserved.